自走する「規格外集団」へ

2021年4月で3期目が終わり、売上面としては目標達成することができました。4期はより高みを目指して設定しています。建機については規模を広げたりすることくらいで、大きな波、というのはまだ見えてはいません。
今までは、自分が旗を振りながら動いていましたが、スタッフ各自が独自で動き始めてきたように思います。自分がいなくても会社が回る状態になったのかな、と。
この半年の変化ですが、自分自身が、良くも悪くも口出ししないようにはしていました。
実は、その前はキレまくっていたんですね(笑)本当に細かいことまで注意や口出しをしていました。

自走する集団になってきたと感じるその一端に、2021年の2月からやり始めたYouTubeの効果もあるかもしれません。
YouTubeをやってみてわかったことですが、最初はスタッフも「蒲生がなんかやりだしたわ」くらいだったと思うんですね。
最近は、スタッフも動画に出演してもらっています。そこで、スタッフ自身がどう映るかを意識し始めたな、と思います。

例えば、喋り方や動画再生回数を気にしたりするようになったり。
「ジートレスch」がスタッフに喜んでもらえるツールになってきたのではないかと感じています。

荒井さん2

今は、「シルバーくん」として、サービスの荒井がよく出ていますが、高嶋も増田も撮影しているので、投入するタイミングを計っているところです。動画の内容を組み合わせながら、会社全体とスタッフ個人のブランディングに繋がっているではないかと思います。

初期に出した「鬼滅の刃」人気の波に乗り、県外のYouTuberさんのコラボも再生回数が伸びましたが、建機のオークション動画を公開したことで、いわゆる「バズる」という体験しました。これはすごかったですね。
普段は見せないところを出したことで、業界に風穴をあけることができたのではないかと思います。
もちろん、オークション会社に撮影許可は取っていましたが、ここまでの反響になるとはどちらも思っていませんでした(笑)
色々ありまして現在は限定公開中です(笑)
ですが、この動画を通じて、「真実を伝える会社」だとお客さんに感じてもらえたのではないかと思います。

YouTubeは、やり方やキャラクター次第で、まだまだ伸びしろのある分野だなと思っています。最近は地元のFM香川からも取材依頼がありました。

周りの信頼とスタッフが自信を得たギガファクトリーの誕生

3月に、これまでお世話になったところから工場を移転しました。
新工場は元々鉄工所の跡地です。天井クレーンが2機、溶接の機械も元々ありました。

メーカーの方をお呼びして、移転記念のイベントも行いましたが、この規模と設備でどこまでできるのかを見ていただくきっかけになったことで、より会社としての信頼を高められたと思います。

信頼を可視化するには、G.TRESという会社が、どのくらいの資金を使って、どのくらいの仕事をしてくれるのかがわかること。
いい場所に構えることができたので、もっと地域を絡めて行きたいですね。先日は、地域の井手浚いにも、ユンボを使って参加させていただきました。

環境が変わってみんなが変わったと思います。通勤の距離は遠くなってしまったので、通勤手当を増やしましたし、ボーナスも出すことができました。みんなで刈り取ったものは、みんなで共有します。
設備があるので、できることが増えたため、スタッフの頼もしさがより一層増しました。また、工場の規模感が大きくなったことで、全員の責任感や対応力も増したように思います。今までの金魚鉢が小さすぎたのかもしれません。
前にもまして、家族のような一体感がありますし、ひとりひとりの前のめり感を感じます。
この1年の間にも人の動きも多くあり、個性をかけあわせて、見える景色が増えたと思います。

COMPANYページバナー

これからも、建機の「規格外集団」としてGTRESは走っていきます。

原石発見の面白み

起業して4年目、これまでにも色々な方を真似して、遠回りしながら「経営」というものを体得している感じです。
県内でも尊敬する経営者の方に教えてもらったり、本当に人に恵まれているなと思います。
協力してくれる人は、大きいことを言っている人が好きなのだろうな、と思います。自分も同じで、大きいこと言ってどんどん伸びる人を見たいと思うようになりました。
それが自分にとっても幸福度が高いのだと最近分かってきました。自分にとっての豊かさの定義が変わりつつあると思います。

自分にとっての幸福度は人に喜んでもらうこと。
昔は、自分のためにやろうとしか思っていませんでしたが、今は支援したいと思うようなりました。
「2番手で行きます」という人はいますが、自分がやってやろう、という人はなかなか出てきていません。突っ走る人を援護する役割がしたいな、というのは最近芽生えた感情ですね。

社内で何かやりたいという声が上がったらぜひやらせたいです。みんなには何かを秘めていてほしいし、いつかそれを開花させてほしいと思っています。

飛び向けた人は何かできる力は持っていると思いますが、田舎で何かやろうという人を支援したいと思っています。
やりたいことがある、何かしたいと思っているけれど、お金がない。そんな原石を見つけたら、投資して伸ばしていきたいです。
自分は周りに「原石感」を出してきたからこそ、今があると思います。

人間は何を考えてるかわからない方が面白いですよね。いろんなカラーがあった方がいいと思っています。例えば、何かするときにはできたら自分がまた代表になるのではなく、別で社長を立てて、違うカラーを出していきたいと思います。
経営がわからない、お金がない、そういうポイントを一緒に頑張れたらいいなと思います。

真っ白キャンパスで暴れ倒したい人を探しています!

関連記事

  1. CAT 320 油圧ショベル納車しました!

  2. ジートレスユンボ

    ユンボで地域貢献!

  3. 【業界研究編】建機の知らない世界を深掘り!

  4. 【修理紹介】トラックリンクの交換で走行音を静かに!

  5. 【工場移転!】G.TRESギガファクトリーへの行き方

  6. 【炭治郎ユンボ】イベントご参加ありがとうございました!

PAGE TOP